武蔵府中リトルリーグは1973年10月1日に創立され、(財)全日本リトル野球協会リトルリーグ 東京連盟に所属しています。 チームには、府中市及び隣接する市(後述するバン
     ダリー制)に居住する少年少女たちが所属しています。





     バンダリー(boundaries)とは、武蔵府中リトルリーグの一員として認められる地域のことを言います。その地域とは府中市を中心に地図上で府中市に隣接している地域(多摩・調布・小金井・
     国分寺・国立・稲城・日野)の7市になります。府中市以外はその地区のブロック長と、地域にリトルリーグがある場合に関しては、そのリーグの承認印をいただくことで、はじめて武蔵府中リトル
     リーグの一員となります。





     武蔵府中リトルリーグでは選手個々のレベルに応じた指導による『基本技術の習得』を心がけています。また、選手とのコミュニケーションを深めつつ、更なるステップアップも図る
     『武蔵府中ノート』を通して、選手の相談や反省などを受け留め、”野球スキルと人とを一緒に育ててゆく”ことを、大事に、大切にしながら指導しています。




  学ぶ姿勢と人間性


     自ら学ぼうとする姿勢と、どんなことにも挑戦する積極性を醸成し、困ったときには仲間と助け合う。

     
スポーツを通じて自己を磨こう!


     野球を通じ、子供達には人間として又社会人として礼儀正しく、努力をすれば必ず良い結果が出てくることを指導しています






< 戻る >